SSブログ

石垣 憲一 カクテルホントのうんちく話  [酒資料本 和書・雑誌他]


カクテルホントのうんちく話

カクテルホントのうんちく話

  • 作者: 石垣 憲一
  • 出版社/メーカー: 柴田書店
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本

洋酒文化に造詣の深い石垣 憲一氏の新刊。カクテルの出自、薀蓄を
圧倒的とも言える参考資料(巻末に一覧)を元に文化、歴史を含め検証考察。
氏の運営するサイトでちらほら語られてはいたが、世に出回っている通説、薀蓄の
なんといいかげんなことか。バーテンダーなら必読の書である。
このような本が出てしまった以上は通説、思い込み、勘違い、伝聞(それこそ眉唾物の)を
バーテンダーは営業のトークで使うのは自重したほうがいいだろう。
というより、目の前の客に(「あ~こいつ間違った知識をさも自慢げに語ってやがる。プゲラ」)
とか思われたとしたら、私ならいたたまれない。
読め。学べ。アマチュアの石垣氏がここまでやったことに感嘆し感謝するならば、
プロとしての己を恥じ、自ら学び、この本以上の知識を自分のものとすべし。

気になった点はふたつ。
他著書でも気になった事だが、文末が統一されておらず個人的には読んでいて非常に不快。
~です。~します。のほかに~ですが。~ですよね。~かしら。~でしょうか。~ですね。という
頓呼法が多用され、ですます、である、体言止めが混在し文章によって使い分けると言うよりは
手ナリで書いてリライトしていないという印象をうける。
編集者はこういったところは気にならないのだろうか。文章の価値を損なっているとすら感じる。
もう一点は、改行が酷い。酷すぎる。
「ステ 改行 アする」「マティー 改行 ニが」「「シャ 改行 ンパンの」など、
ただ一行の文字数にあわせてぶった切っているだけ。
内容がスムーズに頭に流れ込んでくることを大いに阻害される。
きちんと一語をとって改行、段落変換などをしているところも無くは無いので
ただの手抜きとしか感じない。

個人的に石垣氏とメールのやり取りもしたことがあるので断っておくが、氏の仕事、業績、
文章の価値は素晴らしい。第2弾も発行予定とのことなので大いに期待したい。
最後にもう一度言っておく。プロなら読んどけ。しったかするとプロでも恥を掻く。
石垣さん、あんたは罪な人だw

追記:まさか自分より年下だとはびっくりデスw40半ばのナイス髭ダンディを想像してました。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

gree

これからも拝見させて頂きますね。
楽しみにしています。
by gree (2010-04-10 12:07) 

boy

きっと、呑みながら書いたんでしょうね

by boy (2010-09-13 08:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

最近知りました・・・|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます